教育訓練給付制度|受講プラン・料金|保育士資格、保育士試験の合格と就職サポートは「ココキャリ・アカデミー」

HOME受講プラン・料金 > 教育訓練給付制度

 

教育訓練給付制度

 

(2015.9.30更新)

 

  教育訓練給付制度


平成26年10月1日より、ココキャリ・アカデミーの一部の講座が「一般教育訓練指定講座」に指定されています。条件を満たせば学費の一部が、ハローワークより支給されます。

 

【一般教育訓練の教育訓練給付金とは】

一定の条件を満たす雇用保険の一般保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する一般教育訓練を受講し、修了した場合、本人が支払った教育訓練費の20%(上限10万円)をハローワークから支給する制度です。

 

  教育訓練給付制度の対象講座

 

●保育士総合講座 全科目受講コース ライトコース(7ヶ月)

●保育士総合講座 全科目受講コース ライトコース(9ヶ月)     ※2015年10月1日~

●保育士総合講座 幼教*全科目受講コース ライトコース(7ヶ月)  ※2015年10月1日~

 

  支給額

 

教育訓練経費の20%(上限10万円)

訓練期間にかかわらず、給付回数は1回

講座経費が4,000円を超えない場合は支給されません。

 

受講手続きや支給申請の詳細については、お住まいの地域を管轄するハローワークにご確認ください。

 

  対象になる方

 

次の(1)または(2)のいずれかに該当する方で、厚生労働大臣が指定する一般教育訓練を修了した方

(1)雇用保険の一般被保険者

一般教育訓練受講開始日に、支給要件期間(同一の事業主に一般被保険者または短期雇用特例被保険者として雇用された期間)が3年以上ある方

(2)雇用保険の一般被保険者であった方

一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内であり、かつ、支給要件期間が3年以上である方

 

※(1)(2)とも、当分の間、平成26年10月1日以降、初めて、教育訓練給付金の支給を受けようとする方については、支給要件期間が1年以上であれば可能となります。

また、受講開始日の前日から3年前までに教育訓練給付金の支給を受けたことがある場合は、一般教育訓練給付金は支給されません(ただし、平成26年10月1日よりも前に教育訓練給付金の支給を受けた方に対しては、この取扱いは適用されません)。

 

詳しくは下記をご覧ください。

ハローワークインターネットサービス―教育訓練給付