平成30年前期 筆記4月21日(土)・22日(日) 終了 実技7月1日(日) あと67日
平成30年神奈川県地域限定 筆記8月11日(土)・12日(日) あと108日 保育実技講習会10月から11月(この間、5日間程度)
平成30年後期 筆記10月20日(土)・21日(日) あと178日 実技12月9日(日) あと228日

HOME保育士試験を知る > 保育士試験の概要(平成30年神奈川県独自地域限定保育士試験)

平成30年神奈川県独自地域限定保育士試験

神奈川県では、年2回実施される全国共通の保育士試験に加え、年3回目の試験として県独自地域限定保育士試験を平成29年より実施しています。

平成30年神奈川県独自地域限定保育士試験は、8月(筆記試験)10月~11月(保育実技講習会)に実施されます。

POINT

◆ 試験合格者が神奈川県内でのみ保育士として働くことができる保育士資格(地域限定保育士)が得られる保育士試験です。地域限定保育士としての登録から3年経過した後は全国で保育士として働くことができます。

◆ 筆記試験の全科目を合格した者が受験する実技試験に代わり、保育実技講習会を実施します。

◆ 地域限定保育士試験と全国共通試験との間では、合格科目の引継ぎを行います。

筆記試験

日程

試験日 試験科目 満点 入室時間 試験時間
平成30年
8月11日(土)
     
     
     
     
平成30年
8月12日(日)
     
     
     
     
     

保育実技講習会

県独自地域限定保育士試験を受験し、筆記試験の全科目に合格した者を対象とします。

日程

平成30年10月から11月(この間、5日間程度)で実施されます。

平日コース、休日コース等のコース別に実施する予定です。なお、講習内容のうち、保育実践見学実習については、基本的に平日に実施します。

講習内容・講習時間については、音楽表現に関する演習(90分×4コマ)、造形表現に関する演習(90分×4コマ)、言語表現に関する演習(90分×4コマ)、保育実践見学実習の事前指導(60分)、保育実践見学実習(1日)、保育実践見学実習の事後指導(120分)の合計27時間(約5日程度)です。具体のスケジュールについては、夏頃に公表する予定です。

講習会のすべての科目を受講した受講者について、神奈川県で定める評価基準に基づき修了認定を行います。

講習会で使用するテキスト代、保育実践見学実習に係る保険料等については受講者に負担していただきます。また、保育実践見学実習の参加園により検査(検便、胸部X線、麻疹抗体検査等)が求められる場合があり、その場合の検査費用についても受講者負担となります。

受験資格

全国試験と同様です。神奈川県外の在住の方も受験できます。

ただし、幼稚園教諭免許所有者で筆記試験の全科目が免除になる方については、神奈川県独自地域限定保育士試験の受験対象外となります。

科目免除制度について

全国試験と同様です。保育士試験には筆記試験合格科目の免除制度、幼稚園教諭免許所有者の免除制度、福祉系国家資格所有者の免除制度があります。

申し込み方法

受験申請期間

平成30年4月13日(金)から5月1日(火)(当日消印有効)

試験手数料

12,700円

神奈川県指定の納付書により金融機関の窓口(ゆうちょ銀行・郵便局除く。神奈川県内に本支店のある金融機関)にて納付してください。

受験申請の流れ

(1)「受験申請の手引き」の請求
(2)必要書類をそろえる
(3)郵送で提出

「受験申請の手引き」の請求期間

平成30年4月5日(木曜日)から4月23日(月曜日)(当日消印有効)

早めに手引きを取り寄せましょう。

詳細は、必ず神奈川県ホームページでご確認ください。